カート
ユーザー
絞り込む
商品一覧
コンテンツ
  • ホーム
  • 異国でかつお節グルメ台湾の「麺線」とは
異国でかつお節グルメ台湾の「麺線」とは

おだし先生コラム VOL.14

異国でかつお節グルメ
台湾の「麺線」とは

こんにちは。おだし先生です。

日本の食文化を代表するおだしの素材であるかつお節。
実は台湾でも生産され、現地の食文化として
親しまれていることをご存じでしょうか?

かつお節の原料であるカツオは、
黒潮の流れに乗って赤道付近から日本近海へ回遊します。
台湾もその流れの途中に隣接しているため
台湾東部の町ではかつおが水揚げされ、
過去日本の統治下であった影響もあり、
かつお節が製造されるようになったのです。

台湾の食品市場では、
現地製のかつお節製品を購入することができます。
台湾のかつお節を使った代表的な料理には、
「麺線(めんせん)」と呼ばれるものがあります。

「#麺線」とは、とろみのあるスープの中に
そうめんのような細い麺が入っている
夜市の屋台などで出てくる料理ですが、
そのスープにモツとかつお節のだしがたっぷり入っており、
濃厚な香りと旨味を感じることができます。

かつお節はおだしとして活用されるだけでなく、
麺線の中にトッピングとして活用されています。

異国の料理でも存在感を放っているかつお節。
これからもどんどん世界で
色々な料理に活用してほしいですね。