カート
ユーザー
絞り込む
商品一覧
コンテンツ
  • ホーム
  • かつお節は削る厚さでここまで変わる!
かつお節は削る厚さでここまで変わる!

おだし先生コラム VOL.17

かつお節は削る厚さで
ここまで変わる!

こんにちは。おだし先生です。

かつお節の薄削りと厚削り。
削り節にするときの厚さで大きな違いがあります。

薄削りは、花びらのように薄く削ったもので、
お湯に入れてたった数秒から数分で
さっと香り豊かで繊細なおだしを引くことができます。
一番だしを引くのに最適ですし、
様々な料理のトッピングにも活用できます。

一方で厚削りは、0.2ミリ以上厚さのある削り節で、
厚いものだと1ミリを超えるものもあります。
厚さがある分、数十分程度煮出す必要があり、
濃厚でコクのあるおだしができます。
煮物や麺つゆ、ラーメンなど
濃い味付けの料理に適しています。

同じかつお節なのに、厚さの違いだけで
香りや風味がまったく異なる2種類の削り節。
機会がありましたら、そのままの味や食感、
おだしの風味を比べてみてくださいね。