カート
ユーザー
絞り込む
商品一覧
コンテンツ
  • ホーム
  • トッピングをアレンジ!ご当地茶節のススメ
トッピングをアレンジ!ご当地茶節のススメ

おだし先生コラム VOL.21

トッピングをアレンジ!
ご当地茶節のススメ

こんにちは。おだし先生です。

以前 #産直マガジンMAKU にて、
南薩地域の郷土料理「茶節」についてご紹介しました。
茶節とは、味噌とかつお節に
お湯orお茶を注いで飲む郷土食ですが、
私が講演で各地を訪れる際には
現地ならではの味噌やお茶、トッピングを使った
茶節をいただくことがあります。

先日、熊本県人吉市で講演する機会があり、
現地の食材を使った「人吉茶節」を体験しました。

まずは味噌。通常は麦味噌を使うことが多いのですが、
今回は人吉球磨産の米を使用した米味噌を使います。
甘みが抑えられた、シンプルかつまろやかな味です。
お茶は「玉緑茶」と呼ばれるお茶を使用しました。
渋みが少なく、まるみのある味わいが特徴です。

味噌とお茶がやさしい風味なので、
かつお節も燻香の強い荒節ではなく、
長期熟成して上品な香りが特徴の
「本枯れ節」を使用します。

まずはトッピングを入れない状態で味わいました。
…ああ、上品な旨味の三重奏です。
相良700年の城下町、豊かな隠れ里の人吉球磨を
表現するような味になりました。

更に、人吉特産のきくらげをトッピング。
急流くだりのようなワイルドな味わいになりました。
腹持ちが良く、ダイエット食によい感じです。

皆様の地域の味噌やお茶がありましたら、
「ご当地茶節」を是非お試しください。